赤一色

いつでも嵐にオートフォーカス。櫻井翔くんに思いを馳せるブログです。

あんな→こんな

今朝ZIPを観ていたら、DVDランキングの

初登場1位にARASHI BLAST in Miyagiがありました。
てっきり2015年に出たような感覚でいましたけど、1月1日発売だったことに気がつきました。
そんなことが今朝あって、今日書く記事が浮かびました。
「Hip Pop Boogie」関連のお話をしていきます。
 

2008年 Hip Pop Boogie

このときは、まだまだファンになる気配もしていない頃です。
この曲を初めて聴いたのは、知人からARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYOを観たときでした。
そのとき最初に思ったのは、「真っ直ぐな人だな」
これだけです。
「何か違うと思わないかい」なんて大人に向かっていうオトナ、私は初めて知りました。
「20歳になったらみんな大人」
そう信じて疑わない私だったので、「あんな大の大人が」なんていうような、ズルくない真っ直ぐな大人がいるんだな、と衝撃的でした。
我が道を、そんな風に感じました。
 

2015年 Hip Pop Boogie Chapter Ⅱ

そして昨年、宮城の地で披露されました。
何回もDVDを観ていますが、その度に、私の好きな人、そう思います。
2008年の姿を観たとき、私の中で「オトナ」というジャンルが初めてつくられました。
そしてオトナから大人に歩みを進めている翔くん。
「あんな」といっていた彼が「こんな」と、そういえるようになった。
先を見ているんだな、と思う機会が増えました。
ジャニーズには卒業という考え方がないので、「やめる」そう、もし彼がいったら。
ファンとしてその言葉を聞く覚悟ができていません。
その覚悟が決まらず、ふわふわしてきました。
でも、この歌詞を見て、その覚悟はいらないことに気がつきました。
今年、来年、その先。
どんな道を歩いていくのか、その姿を追い続ける覚悟ができました。
私にとって、そんな一曲です。