赤一色

櫻井翔くんに思いを馳せるブログです。ときどきジャニーズファン向けのライフハックなるものも投稿しています。

私の見る風景

先日「ARASHI BLAST in Miyagi」が発売されました。

コンサートレポでも話題に上がっていた「Hip Pop Boogie Chapter Ⅱ」。

歌詞には書き直した部分もあり、それはそれは大きな反響でした。

私は櫻井翔ファンですので、まず、歌詞を打ってモニターを眺めてみました。そして気がつきました。私の見る風景は、嵐の見せる風景でもある。

それなら、嵐はどこを見ているのか。

 

次の一手はまだ全く見えてない嵐です(笑)
2016年1月号 日経エンタテインメント P68

5人へのインタビューでは、そう話していました。

彼らの次の一手とは、なにか。

これまで私は、次の一手という言葉を聞くことに、恐怖すら感じていました。嵐が変わってしまうのではないか。そんなことを思っていました。

2015年の一年間で、ジャニーズ櫻井翔と報道人櫻井翔をファンとして見てきました。

そんななかで聞いた言葉。

僕たちは、嵐というプロジェクトのフロントマンだと思ってる。
ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN

この一言で、彼らはビジネスとして「嵐」を見ていることが、はっきりと伝わってきました。

活動を続けるためには。

私にとって、嵐はビジネスではなかった。だから、変わることが怖かったのでしょう。でも考えてみれば、彼らは変わり続けてきました。

あるときから変わっていない。

そんなことはないのです。

ペンライトをひとつ取ったって、無線制御が搭載されたペンライトを販売した。

これを、良く思わないファンだっていました。

それでも販売して、コンサートの演出にした。

そうして新しいことに挑んで、それを形にして。それが、今のコンサートの要素のひとつに入っている。

そのことに気がついたときに、彼らの繰り出す「次の一手」をファンとして見られることが、楽しみで、そして幸せなことになりました。

 

16年また大きなテーマに

翔くんはひとりでのインタビューページで、こんなことを話していた。

16年また大きなテーマに取り組むことになると思うので、それも話せる時が来たら話させてください。
2016年1月号 日経エンタテインメント P70

2015年は戦後70年だったことで、「戦争」をテーマにしていると話していました。

下調べや取材、勉強に多くの時間を費やしたと話していた通り、櫻井翔として、報道に携わる人間として、伝えたいという思いが伝わってきました。

2016年、彼は何を見るのだろうか。そして、私たちに何を見せて、与えるのだろうか。

私には見当もつきません。

でも、景色を見せ続ける彼の姿を、ファンとして観続ける。とても楽しみな1年になりそうです。