読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤一色

いつでも嵐にオートフォーカス。櫻井翔くんに思いを馳せるブログです。

私が「担降り」できない理由

タイトルがこれでは「担降りをしたいんだけど、できない人」のような感じになっていますが、担降りの予定はありません。

私はこれまでの4年と少しの間、いわゆる担降りというものをしたことがありません。ではなぜ、実体験もないのに書くのか。

 

私はジャニーズファンのブログを読むことが好きなわけですが、たいていのブログで一度はこの、「担降り」について書かれています。

ファンの心変わり、なぜ担降りに抵抗があるのかなど、なるほどなと思うものがたくさん書かれています。

ここ2年ほど、自分が読んでいたブログが担降りのために閉鎖されてきました。

あんなに大好きといっていた人が……。どこか穴が開いたかのような気持ちを持つことばかりで、移行先のブログも読まずにきました。

その気持ちはなぜなのか。

考えてみたものの、結論がでません。

なので担降りについて書かれている記事を、読んで回りました。

ただ、読んだものは、担降りができなくて苦しい思いをしている人や、複数の担当がいる方のもので、「担当は1人、しかも担降りの予定なし」の私のような人向けではなかったのです。

ないのであれば仕方がない、と自分で考えてみたら、ようやく若干ではありますが、わかりはじめたような気がするので、まとめてみます。

とはいえ、冒頭でも書いたとおり、担降りをしたことがありませんので、想像でしかありません。ですので、そのあたりはご理解ください。

まず、私の中で担降りは怖いもの、という位置づけです。

では、なぜ担降りが怖いと思うのか。私の中では3つの理由からです。

 

現実味のなさ

櫻井翔」を通さない世界は色がないものになる。

色のない世界の現実味のなさ。

私はかなりの影響を櫻井翔から受けています。

自分の一部になるほどですので、自分が自分じゃなくなるといった表現が適切なのかもしれません。

 

罪悪感

もちろん私がファンであろうがなかろうが、本人への影響はないし、届くことがないということはわかっています。

たとえば、私に付き合っている人がいるとして、その人が「櫻井くんのファンはやめてほしい」といってきたら、私は迷うことなく、その恋人との別れを選びます。どれだけその人のことが好きだったとしても、別れてほしいといいます。

櫻井翔」への否定が自分への否定のようなものなのでしょうか。だからといって否定してきた人を陥れようとか、そんなことは考えませんけどね。

 

ものさし

これに関しては、想像のさらに想像。

自分が別のジャニーズのファンになったら、どう思うのかです。

まず、新規で好きになった人を、その人だけでまっすぐに評価することはできないと思います。どの場面でも「翔くんなら~」と、まず翔くんを通してみるでしょう。

これでは未練がましい彼女のようですが、対アイドルになったときの、ものさしは「翔くん」なのです。

 

私が担降りできない理由

私にとって、「櫻井翔」はフィルターのようなものであり、ものさしであることがわかります。

そのことが、私に担降りをできないようにさせている要素です。

ただ「櫻井翔を通さない世界」が、怖いだけのような気もしますけどね。

担降りをした人の移行先のブログを見ないのも、フィルターを失った人のところだから、惹かれるものがなくなった、ということなのでしょう。

記事にするのに文章を書いていて、どんどんと自分の中で繋がっていきました。

こうして書いていくと、私が担降りをできないと思う理由は、あまりにも単純だということが見えてきます。

それほどまでに単純なことにも気がつかないくらい、ある意味では依存をしているのかもしれません。

わかったところで私はこれまでと変わらず、「櫻井翔」に愛を叫ぶ日々が続くんですけど。

もうなんだか、わけのわからないものになってしまいましたが、深く考える機会になって個人としては、とても満足しております。

この記事については、あくまでも私が担降りをしない理由であって、いまさら感がすごいですが、担降りをすることが悪いとは思っていないことは、ここに書いておきます。