赤一色

櫻井翔くんに思いを馳せるブログです。ときどきジャニーズファン向けのライフハックなるものも投稿しています。

櫻井翔とブログと私

2016年、突然はじまったこのブログ。1月1日だったらぴったりだったのに、なぜか3日からのスタートになりました。

 

思いを文章に

どうしても、嵐に対しての自分の気持ちを明確にしたかったから、はじめました。

文章にして人に見てもらう。人に見てもらうからこそ、わかりやすい表現にしたい。自分のこの気持ちに、ぴたりと狂いなくはまる言葉で書きたい。

そう思いました。

はじめてみると、それがどれだけ難しいことなのかということを、身をもって知りました。

私が「担降り」できない理由 - 赤一色

4日に書いたこの記事は、なんども表現を変えて、考え尽くしました。

もともとは、私の取っていたメモをまとめて書いたものでした。メモにしているだけだったときは、それだけで満足していました。

でも、実際にそれを記事にするとなって打ち込んでプレビューを見ると、思っていたものとまったく違うものでした。

「違う、そういうことを思っているんじゃない」

これほどまでに、自分にとって櫻井翔とはということと向きあったことがなかったです。

 

文章に思いを乗せる

もともと文章を書くことは好きで、自信のあることでした。それなのに、実際に書いてみたら、言葉をうまく使えていなかった。自分の思いを言葉に乗せることができないことに、ショックすら受けました。

でも、なぜだか私の中で、「絶対に気持ちとぴたりとはまる文章を書く! 」そんな気持ちが生まれました。

だからこのブログを書いています。

 

まとめ

はじめた数日間は、嵐のことしか書いていなかったのですが、最近は「私のお話」というカテゴリーの内容が増えました。

嵐や翔くんのことを書くというのは、私にとっては自分と向きあうことです。

中途半端な記事は書きたくない。

だから、かなり考えて書くことになります。

ひとまずメモにまとめて、文字を打っていくことが終わったら、そこからは考えてばかりです。

声に出して読んだり、日記を読み返してみたり。

雑誌を見たり、曲を聴いたり。

けっして、遊んでいるわけではありません。

いろいろと行動に変えてみます。

ブログの記事は、書きたいと思ったときに書いたことが、1番伝わるものになると思っています。

だからこそ、その時間のうちに満足のいくものを書き上げたいのです。

どうしてもまとまらないときは、保留にしますが、ほとんどは書き上げます。

そうして、私の気持ちはこうなんですと大声で言える記事になります。

自分と向きあったものだから、誇りに思います。

自分の言葉で自分の思いを発信するって、難しいことですけどね。

このブログを書いているのは、自分の思いに向きあいたいからなのかなと、思っています。

ジャニーズの結婚

私はジャニーズが結婚することに反対はしない。

私が知りたいと思うのは櫻井翔についてですから、「私は櫻井翔が結婚することに反対しない」というほうが合っているのかもしれません。
この内容は、数日前から結婚についての記事をあげようと思いながらも、何度書いてもまとまらない状態にありました。
「投稿しないままになるかもしれない」
そう思いながらも、どうしても書きたい内容だったので、メモを箇条書きにしてみました。
そうしたことで、とてもシンプルな結論に至りました。
 
なぜ反対しないのかというと、単純な話になります。
翔くんの選んだ道についていくと決めているからです。
ファンになりたての頃は、
「翔くんが誰かと結婚するなんてありえない。
そんなことは求めていない! 嫌だ!」
なんて思っていました。
だから、翔くんのファンの人がブログで「結婚して幸せになってほしい」と書いていることが本心からだなんて、信じていなかったのです。
そんなときにも、翔くんは幸せでいてほしいとは思っていました。
でも、翔くんがその人とふたりでいるところは、想像すらしたくなかったのです。
よくいう「みんなのアイドル」でいてほしいというわけです。
 

いてくれることが一番の幸せ

今だって、進んで「どうぞどうぞ」というわけではありません。
でも、翔くんが結婚についての話をすることが増えてきて、もしかしたら結婚を描いている人がいるのかもしれないと思うようになりました。
ほんとうのところは本人にしかわからないですけども。
その姿を観ても、いるかもわからない相手の人に嫉妬をするようなことも、なくなりました。
櫻井翔は決定的なスキャンダルというものは、これまで出たことがありません。
恋愛にしたって、真っすぐだと思っています。
普通の恋愛というのを望めないというのは、わかっています。
アイドルでいるために、無意識のうちだったかもしれないけれど、捨ててきたもののひとつに恋愛があったのかもしれません。
でも、翔くんには翔くんの道を進んでいてほしい。
私がそう言おうが言わまいが、自分の道を歩いていくと思います。
 
結婚しても、しなくても。
恋愛をしていても、していなくても。
翔くんがいてくれればそれでいい。

伝えたいこと

櫻井翔くんへ

お誕生日おめでとうございます。
ファンとして、最新の翔くんが一番好きだと言えること、とても嬉しく思っています。
これほどまでに私が人を好きになることは、この先もない。
振り返ることがあると、いつもそう思っています。
 
翔くんから私はいろいろなことを見せてもらいました。
翔くんが報道に携わっていなかったら、ニュースに興味を持って調べるなんて、なかったことです。
翔くんがジャニーズでなかったら、私はジャニーズが嫌いだったかもしれません。
翔くんから、周りを過度に気にすることはないと教わりました。
翔くんの、「だめなものはだめだ」という姿が、私のある種基準になりました。
櫻井翔に出会ったことで、今の私ができたといっても大袈裟ではありません。
これからも夢の、その先の、その先の夢を一緒に見ましょう。
34歳の翔くんに幸せがたくさんやってきますように。
 
そうそう、おじさんじゃなくてお兄さんチームだからね。
あと、バク転。
本気になればできるのだとは思うけど、これからもシティ派でいてください。
ずっと言おうと思っていたことがあって、翔くんの私服。
あれ、意外とダサくないときもあるんじゃないかなって。
正確に言うと、翔くんがイケメンだからなのか、最大限のダサさがごまかされて、そこそこのダサさにされているような気がしています。
どこにでもいるような普通な感じの人が着ていたら、そりゃあダサいよねってなると思うんです。
でも翔くんが着ていると、残念なところもかわいい。
そうなりますよね。
なんだかすごく罪な男です。
あと、オトノハの()書き。
言葉づかいがやや荒くなるところ。
すごくツボです。
ツボといえば、笑いのツボ。
すごく沸点が低くて、転がってヒーヒー言っているところを観るのが、とても楽しみになっています。
そんな姿を観て私も転がって翔くんのかわいさを逃しています。
散らかしている中、最後に一つ。
翔くんのお母さま。
いつも産んでくれてありがとうございます。
今日は前半はいつもどおりに、後半は軽い感じでお届けしました。
なんとか34文になりました。

ファンを名乗れる

なんだかここを留守にしている間に、色々なことが起きました。

当たり前にファンを名乗れるって、すごく幸せなことなのかもしれません。

 

Japonismがミリオンを達成しましたね。

嵐ファンとして多くの人に聴いてもらえるというのは、素直に嬉しいことです。

Japonismのお話もしたいのですが、あっちこっち行ってしまっているので、DVDが出た頃に改めてすることにします。
 
事務所のこと。
こちらが世の中的にはメインになっているのですが。
テレビで報道がされはじめた日の朝。
私は普段と同じくZIPを観ていたら、報道が目に入ってきました。
ネタかな、なんて思っていたのですが、
「いや、テレビで大々的に報道している」
事の重大さに、遅れて気がつきました。
もうびっくりして、朝は時間がないのにもかかわらず、ネットで調べたらあれこれいわれていて。
「なんでなんだろう」
それしか私は出てこない状態でした。
こんなにあちこちで報道がされ、大きな話題になっているのに、私はいまいち想像がつかないでいます。
私が好きな嵐は、これまでにそのような話が出たことはなく、そんなことは起きない。
そう、今だって思っています。
だから、想像すらつかないのだとは思うのですが。
噂が噂を呼んで、収拾がつかない状況になっていて、何が本当でどうなっているのか。
そんなことはわかりません。
ただ、ファンにとって大本が揺れているわけです。
グループのファンだと、名乗ることすらできなくなるのかもしれない。
私に置き換えれば、嵐のファンを名乗れなくなる。
自分が勝手に考えはじめただけなのに、不安になって、嵐のコンサートDVDを何度も観ています。
彼らの姿を観て、心の安定をはかろうとしています。
 
急遽、生放送がされたSMAP×SMAPを観ました。
まったく内容が頭に入ってこないまま、SMAPの姿が映りました。
SMAPは5人。
嵐もそうです。
だからだとは思うのですが、嵐の姿が重なってみえました。
もしも、嵐だったら。
想像をすることすら怖いです。
でも、もしも、ないとは思っているけれども。
そんな事態になったら。
 
本人の口からどうするのかを聞きたい。
ファンとして、そこを譲ることはできません。
 
私は嵐が決めたことにはついていきます。
それがどんなことでも。
でも、本人の口からというのは、5人を信頼しているから。
だから譲ることはできません。
この先メンバーが減るグループの姿を、過去のこととしてではなく、直接知ることもあるかもしれません。
そのたびに、何も伝えられないで、苦しい思いをすることになるファンが、いてほしくない。
実際には、本人の口から聞けるというのは少ないのかもしれませんが、それでも聞きたい。
ファンの気持ちが事務所に伝わって、それが実現するようなことがあれば、いいのかなと、そんなことを思いました。

あんな→こんな

今朝ZIPを観ていたら、DVDランキングの

初登場1位にARASHI BLAST in Miyagiがありました。
てっきり2015年に出たような感覚でいましたけど、1月1日発売だったことに気がつきました。
そんなことが今朝あって、今日書く記事が浮かびました。
「Hip Pop Boogie」関連のお話をしていきます。
 

2008年 Hip Pop Boogie

このときは、まだまだファンになる気配もしていない頃です。
この曲を初めて聴いたのは、知人からARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYOを観たときでした。
そのとき最初に思ったのは、「真っ直ぐな人だな」
これだけです。
「何か違うと思わないかい」なんて大人に向かっていうオトナ、私は初めて知りました。
「20歳になったらみんな大人」
そう信じて疑わない私だったので、「あんな大の大人が」なんていうような、ズルくない真っ直ぐな大人がいるんだな、と衝撃的でした。
我が道を、そんな風に感じました。
 

2015年 Hip Pop Boogie Chapter Ⅱ

そして昨年、宮城の地で披露されました。
何回もDVDを観ていますが、その度に、私の好きな人、そう思います。
2008年の姿を観たとき、私の中で「オトナ」というジャンルが初めてつくられました。
そしてオトナから大人に歩みを進めている翔くん。
「あんな」といっていた彼が「こんな」と、そういえるようになった。
先を見ているんだな、と思う機会が増えました。
ジャニーズには卒業という考え方がないので、「やめる」そう、もし彼がいったら。
ファンとしてその言葉を聞く覚悟ができていません。
その覚悟が決まらず、ふわふわしてきました。
でも、この歌詞を見て、その覚悟はいらないことに気がつきました。
今年、来年、その先。
どんな道を歩いていくのか、その姿を追い続ける覚悟ができました。
私にとって、そんな一曲です。